異界ジェノサイダーNZD

NZDがゲームやネットでの気になることについて書くブログ。基本はマビ日記ですが、たまに駄目人間っぷりを晒してみちゃったりもしてるよんm9(`・ω・´)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

進撃の巨人9巻感想というか軽い考察。

8巻の感想書くのサボっちゃいましたが、今回は軽く書きます。
9巻で一番気になったのは、やはり獣の巨人でしょう。
ソバカス女の名前が「ユミル」と判明したのは大方予想通りというか、まぁあれだけあからさまに名前を伏せられてたら・・・って感じでしたが、クリスタが重要人物だと判明したのは驚きでしたね。

でもやはり一番の衝撃は獣の巨人。
こいつは久々に恐怖を感じましたよ。見た目も手が異様に長い猿みたいで気持ち悪いしね
最近はアニ対エレンの血生臭くも熱い格闘戦が描かれてたんでね。少なくともアニに恐怖は感じなかった。つえーとは思ったけど。
んで、余談だけど一番熱いと感じたのは8巻ラスト付近の人間と巨人化エレンの共闘ですね。
もーエレンゲリオンが手のひらにアルミン乗せてるとことか堪んなかった。
まぁそんなこんなで軽く巨人の怖さを忘れてたんですが、コイツがそれを思い出させてくれました。
やはり今までの常識が通用しない正体不明の敵が出てくると怖いですね。ミケの最期の怯えっぷりもわかる気がします。
そりゃあんなんなりますよ。歴戦の勇士でも。心が折れたってレベルじゃない。
作品を作る上で人をバタバタ殺して絶望感を出すってのは浅はかで良くない考え方。とはよく聞きますが、それが納得できるだけの世界観を構築できてりゃそれは別ですよ。
このミケの死亡シーンは何かすごいリアルというか生々しく感じましたね。
普段あんな冷静なキャラでも、正体不明の敵を前にして自分は身動きとれずで更に周りを囲まれたりしたら子供みたいに泣き叫びますよそりゃね。

まぁそれはそれとして、今回はこの獣の巨人についてちょっと考えてみようかと。

喋った言葉からして、アニの仲間ではないことがわかります。立体機動装置のこと知りませんでしたからね。
と、なると第三の勢力?的なものと考えられます。
コニーの村の人々をこいつが巨人化させたんでしょうね。
で、壁外から来たんでしょう確実に。
「同じ言語のはずなんだが・・・」って台詞は普段は違う言葉を喋ってるって推測できます。
「つーか・・・剣とか使ってんのか・・・」この台詞は意味深ですよね。剣を持って戦うのが珍しい文明?時代?の人間なのか?
「まぁいいや。持って帰れば。」という台詞から、立体機動装置を調べることができるこいつが住む領土?基地?みたいなのがあると考えられます。

そして一番気になったのが、こいつの喋り方現代人っぽくね?ということ。こっちの世界で言うね。
いや、この作品のキャラクター自体けっこう現代人風の言葉遣いだと思うんですが、何かこいつだけが少ない台詞の中で特にそれが強調されてると感じた。

となると、壁の外の世界は普通にこの世界のような文明が広がっていて、壁の中は箱庭実験施設のようなものなのか・・・?
でも、壁の中の人柱?になった巨人とか「ユミル」って北欧神話を絡めているとことかを見ると、やはりそういうSF的な世界ではなくて、あくまでファンタジー世界なのか?とも考えれる。
もうこの9巻でほんとわけがわからなくなりましたよ。この作品の根本的な世界観がまずわからなくなった。

もう何にでも見える。神話を元にしたファンタジーとも見えるし、壁の中は箱庭実験施設で現代人がそれを観察してたとも見れるし、実はこの世界はゲームの中でバーチャル空間で今までのキャラクターは試作AIでその実験をしてたんだよ!!とも見れる。
でも「人同士の戦争が過去にあった」と作中で説明されてるから、人類を一つに纏めるために唯一の強大な敵である巨人を作った、とも見れる。
でも獣の巨人の台詞を見ると、それもどうなのか・・・と思えてしまう。壁の中に住む人々を調べてるみたいな感じでしたからね。

まぁエヴァンゲリオンとかでも感じましたが、「全ては作者の頭の中」なのだと・・・。
我々読者はあーだこーだ考察してますが、結局全てがわかっているのは作者でしかないのだと・・・。

だからこそこの作品は面白い!!
そうなんですよ、所詮ね。読者の考えだけでねストーリーの全容がわかっちゃうのは面白くないんですよ。
この世界を作ったのは他ならぬ諫山先生なんだから。言わば神ですよ。そりゃ全てを知ってるのは天地を創造した神だけじゃないと。


伏線回収しつつも新たに増えていく謎!益々先が読めない展開で今後も目が離せないです。

そして・・・・・・。TVアニメ化おめでとうございます!!!
いや、そりゃ完結してないしアニメ化早すぎね?とか、エレンの声は梶君じゃないだろ・・・とか色々突っ込み所はありますが、一ファンとして素直に嬉しいです。
このダークな世界観を地上波でどこまで表現出来るか不安ですが、出来れば規制無しでしっかりと場面を描写して欲しい!
アニメから入った視聴者が、「巨人化とか無いわー。」とかいうのが目に見えてますが・・・。
この作品は、「すっごいダークな世界観のウルトラマン」だからな!それを前もって知って見れば特に違和感は感じないぞ!!

色々不安要素はありますが、春からの放送が本当に待ちきれない。
そして、10巻の発売も4月!アニメ化に合わせてくんのかこりゃー!?
果たしてライナーの運命は!?今から楽しみでしょうがないZE!!(深夜のテンションで書きました)
スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 04:19:28|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年後わずか。 | ホーム | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nzdsyunaiger.blog71.fc2.com/tb.php/800-f86d0104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NZD

Author:NZD
マビのキャラ名:シュナイガー
所属ギルド:カデンツァ サブマスター

ゲーム大好きの一般人です。特にSIRENシリーズが大好きです!
マビノギではルエリサーバー4chで活動中。
近接主体のキャラのはずがいつの間にか超器用貧乏に。
アイコンの自キャラは友達に描いてもらいました!

主にニコニコ動画見たり、だらだらゲームやったり。
好きなゲームジャンルはFPS、TPS、アクション、RPG、ホラーゲーム。
たまにアニメやゲームについて熱く語る時があってキモイかも。注意。

釘宮厨。好きな釘宮はルイズ。
ちなみにHNの正しい読み方は、「えぬずぃーでぃー」

箱○

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。