異界ジェノサイダーNZD

NZDがゲームやネットでの気になることについて書くブログ。基本はマビ日記ですが、たまに駄目人間っぷりを晒してみちゃったりもしてるよんm9(`・ω・´)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2期もありえるのか・・・?

何か魔獣に関しての設定を書いた資料が流出したみたいですね。
流出し過ぎじゃないですかー!?ちょっとー!
その資料を読んでみると、

マホウとは違う力で動いている
ぐねぐねになった世界のバランスを戻すためにグリーフシードを集めている
マホウの元となる感情を吸い上げ、体内でグリーフシード化させる
吸われた人間は廃人になる

やらの設定が書かれている。

そこに一つ特に気になる事が書いてある。

ほむら EDVer
こちらが悪役に見えるように。


・・・!?
いや、前の記事にも書いてるように確かにあの翼は禍々しかった。でもこの設定には翼についてはマホウの力と書かれている。
魔獣の設定に世界のバランスを戻すため~云々などと書いてあるから、まどかが世界を改変したことにより魔獣は発生した?
最初はタイムトラベル物とかSF作品の設定によくある、その時殺されるはずだった人間を助けたとしても、因果律によってその人間は結局何らかの原因で死んでしまうみたいな物を連想してて。
魔女の存在を消しても、概念と言うかその物が存在していたという事実を完全に消すことは出来ず、改変後の世界では魔女の代わりの物として魔獣が存在していた。ってのを想像してたんですが。ちょっと自分でも何言ってるかわかんないんですけど。
まどかは全ての魔法少女を救済するために世界を改変したわけですけど、やはりそれは世界全体というか宇宙全体で考えて良い事ではなかった。
だから、その改変された世界のバランスを元に戻すために魔獣はグリーフシードというか人間の感情を集めているってことなのか・・・?


いや、この流出画像自体がネタとかガセかもしれませんが、色々流出事件があった作品だけにやっぱ気になっちゃいますね。
もし、2期があるんだとしたら、ほむらが主人公で魔獣との戦いを描くって感じですかね。
そう考えたら2期意識したラストだったとも取れるなぁ。

個人的にはこれでスッパリ終わったほうがいいと思うんですが、それでも続編が作られたとしたらやっぱり嬉しいし見ちゃいますよね。
それにせっかく「売れる」コンテンツが生まれたわけだから、製作者側としたらこれで終わらせたくないと思うし・・・。
また日が経てば考察とか感想も充実してくると思いますし、虚淵氏がまた何か設定について喋ってくれたりするかもしれませんしねw

まぁ何にせよ「魔法少女まどか☆マギカ」という作品からはまだまだ目が離せないな!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/23(土) 05:05:29|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まじかよ・・・。 | ホーム | 交わした約束、忘れないよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nzdsyunaiger.blog71.fc2.com/tb.php/740-ea9e24cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NZD

Author:NZD
マビのキャラ名:シュナイガー
所属ギルド:カデンツァ サブマスター

ゲーム大好きの一般人です。特にSIRENシリーズが大好きです!
マビノギではルエリサーバー4chで活動中。
近接主体のキャラのはずがいつの間にか超器用貧乏に。
アイコンの自キャラは友達に描いてもらいました!

主にニコニコ動画見たり、だらだらゲームやったり。
好きなゲームジャンルはFPS、TPS、アクション、RPG、ホラーゲーム。
たまにアニメやゲームについて熱く語る時があってキモイかも。注意。

釘宮厨。好きな釘宮はルイズ。
ちなみにHNの正しい読み方は、「えぬずぃーでぃー」

箱○

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。