異界ジェノサイダーNZD

NZDがゲームやネットでの気になることについて書くブログ。基本はマビ日記ですが、たまに駄目人間っぷりを晒してみちゃったりもしてるよんm9(`・ω・´)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうやめてくれ・・・。

どうして。どうして、こんな事になっちゃったんだろう。

魔法少女まどか☆マギカ 第9話 「そんなの、あたしが許さない」感想。


冒頭はさやかが魔女化したシーンから。
魔女になったさやかは蓄音機が三つ並んだような頭部をしており、リボンを胸に付けた甲冑を着て剣を持った騎士のような姿の魔女になった。
魔女に呼びかける杏子。傍らには、抜け殻になったさやかの体が。
ほむらが割って入り、フラッシュバンを投げつけその間に時を止めて一旦撤退する。
ここでほむらの能力が完全にわかりましたね。
時を止めて、その間にグレネードを投げつけて攻撃する。他者がほむらと手を繋いでいれば、その人間も時が止まった空間を動ける。

線路を歩いていたまどかと杏子・ほむらが合流する。
さやかの死体を見て泣き崩れるまどか。
あくまで冷静なほむらに杏子は「テメェそれでも人間か?」と問いかける。
「もちろん違うわ。あなたもね。」

家に帰ったまどかにキュゥべえが訪ねてくる。
ここでのキュゥべえの会話を要約すると、
キュゥべえは宇宙にいくつも存在する生命体の中の一人。
このいくつもの生命体がこの先存在していくには宇宙のエネルギーが足りない。
エントロピー。生産よりも消耗のほうが激しいから、いつか宇宙は滅びてしまう。
そこで、キュゥべえ達インキュベーターは地球の人間に目をつけた。
人間が発する希望や絶望と言ったものが宇宙を存命させていくエネルギー源になる。
特に思春期の少女がエネルギー源として適している。
そして、魔法少女が魔女になった時こそ、そのエネルギーが爆発的に高まる。その塊がグリーフシード。
それを回収するのがキュゥべえ、インキュベーターの役目。
「この宇宙のために死ぬ気になったら、いつでも声をかけてよ。」

大体こんな感じだったはず・・・。所々間違ってるかも。

そして、キュゥべえはそれが悪い事だとも思っていず、願いの代価として少女をいずれ魔女になることを宿命付けられた魔法少女にする事を騙していたつもりもない。
つまり「悪意」がない。
だがテメーは紛れも無い「悪」だこの野郎!

ここはグレンラガンと似てるかも?とも思いました。
インキュベーターがアンスパだなーと。

次の日、仁美と登校するまどか。
さやかの事を心配する仁美だが、今は話しづらいとも言っている。
これまだ何とも言えんですねー。本当に告白だったのか、発破だったのか。
色々検証されてて、恭介と会話してるシーンを見てると告白のようには見えないし。ただ、最初は世間話のような事をしていて、肝心のシーンはさやかが見なかったとも取れますし。
まぁ、でも擦れ違いから生まれる絶望みたいな感じで多分発破だったんだろうなー。

杏子がテレパシーでまどかを呼び出す。
さやかをまだ助ける方法があるかもしれない。自分も正義の味方になろうとして、魔法少女になった。その事をさやかは思い出させてくれた。
そして、さやかを助けられるかもしれないのは親友であるまどか。
もしかしたら、あの魔女を真っ二つにしたら中からグリーフシードの代わりにさやかのソウルジェムが出てくるかもしれない。

「そういうもんじゃん?最後に愛と勇気が勝つストーリーってのはさ。」

まどかはさやかを助ける決意をし、杏子に改めて自己紹介をする。
握手を求めるまどかに対し、杏子はお菓子を渡すことで答える。

ソウルジェムを使い、魔女を探す杏子とまどか。ほむらは学校にまどかが来ていない事に気づき、授業を抜け出す。
魔女の場所を特定。変身し、結界への道を開く杏子。
中はコンサートの宣伝ポスターの様な物がが張り巡らされている一本道の廊下だった。
まどかは、逃げてばっかりで他の人に戦わせてばかりの自分が卑怯かな?と杏子に問いかける。
杏子は、「舐めるな。この仕事は誰にだって勤まる物じゃない。」とまどかを叱咤する。
「毎日美味いモンを食って、幸せ家族に囲まれて、そんな何不自由なくやつ暮らしてるやつがただの気まぐれで魔法少女になろうとするなら、[そんなの、あたしが許さない]。」
まどかもいつか嫌がおうにも戦わなければならない時が来るかもしれない。その時に考えればいいんだよと答え先に進む。


先にあった扉をあけると、廊下の壁には今までがさやかが生活してきた姿や、戦ってきた映像が映し出されている。演奏の様なものも聞こえてくる。
杏子に何か質問しようとしたまどかだったが、その時魔女に気づかれた。廊下が変容を始める。
扉の先はコンサート会場のような場所だった。
周りには座席が並び、人間の形をした指揮者とオーケストラのような物が演奏をしている。
そして、その先に待ち構える、かつてさやかだった魔女。
杏子は結界を張り、魔女に呼びかけ続けろとまどかに指示をする。
戦い続ける杏子だが、一向に魔女がまどかの呼びかけに答える様子はない。
魔女の攻撃で消耗していく杏子はさやかとの出会いを思い出す。
魔女の執拗な攻撃は、自分に対しての恨みだと考える杏子。
そして、それで気が済んだなら目を覚ませと念じる。
しかし魔女は攻撃の手を休めない。結界を破壊され、ついにまどかが魔女に捕まってしまう。
まどかを握りつぶそうとする魔女の手を寸前でさやかが切断する。噴出す青い血。
さやかも魔女に呼びかけるが、無常にも振り下ろされる巨大な剣。床が割れ、落下する杏子達。

下にも同じような空間が広がっていた。
杏子が願う。

「頼むよ神様。こんな人生だったんだ。せめて一度くらい、幸せな夢を見させて・・・。」

恭介のような物が立っている。青い座席で囲まれた空間。
そこにほむらが登場し、落下しながら気を失っているまどかをキャッチする。
しかし、杏子の体力と魔力は尽きかけていた。
ほむらにまどかを託し、魔女との心中を決意する杏子。
変身した際に髪留めになったソウルジェムを手に取り、巨大な槍を作り出す。

「心配するなさやか。一人ぼっちは寂しいもんな。」
「いいよ。一緒にいてやるよ。さやか・・・。」

ソウルジェムにキスをし、投げる。
そのソウルジェムを自ら破壊し、大爆発を起こす杏子。
魔女とともに杏子は光に包まれていった・・・。

ついに一人だけの魔法少女になってしまったほむら。そこにキュゥべえが現れる。
杏子にはさやかを救える望みが本当にあったのか?と問いかけるほむら。
そんなの不可能に決まってるじゃないかと答えるキュゥべえ。
無駄な犠牲だったら止めたが、杏子の脱落には大きな意味がある。
ワルプルギスの夜に立ち向かうには、ほむら一人の力では勝ち目が無い。
この町を救うには、まどかが魔法少女になるしかない。
「やらせないわ。絶対に・・・!」
一人になり、改めて固く決意するほむら。

「誰も未来を信じない。」「誰も未来を受け取められない。」
次回、第10話「もう誰にも頼らない」






いやー、今回個人的に一番良かったかもしれん・・・まじ泣きそうになったわ・・・。そのおかげで事細やかに書いたかなりの長文に。

今までの魔法少女モノなら、まどかの呼びかけでさやかは元に戻ったんだろうね・・・。

「そういうもんじゃん?最後に愛と勇気が勝つストーリーってのはさ。」

この台詞・・・。杏子だって根拠はないけどきっとうまくいくってどこかで思ってたんだよ。
杏子が見たり読んできた物語の中では最後に正義は必ず勝ってたんだから。
でもこの物語はそんな簡単にはいかなかった。
最後に神にまで願った杏子が本当にかわいそうで、報われなくて・・・。

キュゥべえ宇宙人は前回の感想である程度予想してたし、恐らく杏子は死ぬんだろうな・・・とも思っていたから、衝撃は今までより少なかったんだけど、それでも辛いものがありましたね・・・。
見てて暖房つけてるはずの部屋がすげー寒く感じたわ。もうね、痛々しくて見てられなかった。

キュゥべえの今回で目的も明らかになったし、後はまどかの変身のタイミングとほむらの謎ぐらいかなー。
メガミマガジンの表紙を見て、OPの黒猫=ほむら説が自分の中で急上昇。後3話ですしどこで伏線回収するのかなー。
しかし初登場時と全く印象違うキャラになったなぁ杏子・・・。

杏子とさやか同時に退場で、残ったのはまどかとほむらのみ。
一体この先どうなるのか・・・。また待ちきれない1週間が始まるぞー^^
スポンサーサイト
  1. 2011/03/04(金) 05:28:58|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10話ヤバイ、マジヤバイ。 | ホーム | ぶひいいいいいいい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nzdsyunaiger.blog71.fc2.com/tb.php/719-b2f9123a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NZD

Author:NZD
マビのキャラ名:シュナイガー
所属ギルド:カデンツァ サブマスター

ゲーム大好きの一般人です。特にSIRENシリーズが大好きです!
マビノギではルエリサーバー4chで活動中。
近接主体のキャラのはずがいつの間にか超器用貧乏に。
アイコンの自キャラは友達に描いてもらいました!

主にニコニコ動画見たり、だらだらゲームやったり。
好きなゲームジャンルはFPS、TPS、アクション、RPG、ホラーゲーム。
たまにアニメやゲームについて熱く語る時があってキモイかも。注意。

釘宮厨。好きな釘宮はルイズ。
ちなみにHNの正しい読み方は、「えぬずぃーでぃー」

箱○

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。